祝3周年!! あなたの知ってるプチスキルを教えて!!『ビィーゴ交流会』9/17開催

2022.7.27

こんにちは、ビィーゴスタッフです!! いつもご利用ありがとうございます!!

毎月開催している『ビィーゴ交流会』ですが9月は2022年9月17日 (土) 18:00〜21:00に開催します!
実はこの日、9月17日はビィーゴがオープンしてちょうど3周年を迎えます。

ドロップインも会員も初めて利用の方も、どなたでも参加大歓迎です♪
ぜひお気軽に参加ください^^

ビィーゴ交流会とは?

ビィーゴ交流会とは、コワーキングスペースビィーゴで毎月1回開催している交流会です!

参加者同士の交流や、新しい出会いのきっかけづくりを目的としています。
一言で言うと、いろんな人が参加して楽しめる、ゆるーい交流会です!

会員の方もドロップインの方も初めましての方も、どなたでも参加可能!
会員の方やマンスリーパスをお持ちの方は無料で参加できて、ドロップインの方はドロップイン料金1000円で参加することが出来ます。

この日はビィーゴがOPENして3周年!!

実は9月17日はビィーゴがOPENして3周年!! 日々多くの方にご利用いただき、みなさまのおかげでこの日を迎えられること嬉しく思います*スタッフ一同、こうして元気にやっております!!
日頃の感謝も込めて、何か周年らしい事をするかもしれません笑。
ぜひこの機会に交流会にお越しください!

今回のテーマは「あなたの持ってるプチスキルを教えて!!」

9月のテーマは「あなたの持ってるプチスキルを教えて!!」
知っておくと何かと便利なちょっとしたプチスキルを一つずつ紹介しあって共有しようというもの。

例えば、、、
・勉強で記憶力を上げる方法とか…
・検索上手になろう! 「ググるチカラ」とか…
・今さら聞けないパソコンのショートカットキー講座 とか…
他にも「仕事管理の裏ワザ」から「集中力を上げる方法」などなど
(※あくまで例です)

みなさんがそれぞれで知ってるスキルを共有して、楽しみながら賢くなっちゃおう!という、そんな交流会にしたいと思います!!!

でも、基本はわいわいおしゃべりする感じですよーー

参加特典)「わたしの履歴書」をプレゼント

希望者には、自己棚卸しの役に立つ「わたしの履歴書」シートをプレゼント!
これまでの人生について振り返ってもらい、これからのやりたいことを見つける機会にどうぞ!!

わたしの履歴書ってどんなの?

わたしの履歴書は、「人生の棚卸し」ができるビィーゴオリジナルのツールです。折れ線グラフを使ってこれまでを振り返ることができます。5年後10年後のなりたい自分について記入する欄も。書くことで自分やりたいことが整理できるかもしれません◎

こんな人におすすめ!

・交流したい!しゃべりたい!
・仕事に役立つスキルを知りたい!
・いろんな業種の方と交流したい!
・ビィーゴについて知りたい!
・人生の棚卸しをしてみたい!
・自分のやりたいことをみつけたい!

当日は18時スタート。途中参加・退場可能です。

参加にあたってのお願い。

・感染症を考慮して、こちらからの飲食のご提供はいたしません。
・ご自身での持込は可能ですので、各自ご持参下さい。
・しゃべるときは必ずマスクを着用してください。
・手指のアルコール消毒をお願いいたします。
・アルコールはご遠慮ください。

参加費

ビィーゴ会員・マンスリーパスは参加無料。
ドロップインの方はドロップイン料金(初回無料)です。

過去の交流会の様子

コロナ前は軽食やお酒などもOKで、20-30人がビィーゴのキッチンスペースに集まり、わいわい盛り上がって楽しく交流していました。

ここで知り合って、仲良くなって友だちになった!という方も多数いらっしゃいます。

また、このような会をやりたいと思っていますが、館内で飲食付きのイベントはやりづらい状況です。

当面は感染対策をしっかりやりつつ、できる範囲で交流会を開催していきます。

1月15日に開催した交流会の様子

交流会は事前申込み制!

事前申込制となっておりますが、空きがあれば当日参加も可能です。ビィーゴで知り合いを増やすチャンスですので、交流の幅を広げたいという方はぜひお気軽にご参加ください!

ご参加お待ちしております。

ビィーゴ入口付近の写真

ビィーゴ交流会概要

[開催日] 2022年9月17日(土)
[時間] 18:00〜21:00
[場所] 枚方ビオルネ5階 ビィーゴ キッチンスペース
[参加費] 会員・マンスリーパスの方は無料。それ以外の方はドロップイン料金(税込1,000円)の支払いが必要。※初回無料
[予約] 事前予約が必要ですが当日参加も可能です。
[定員]15名程度

この記事を書いた人
アサカワ ミト
ビィーゴスタッフの傍らで、演劇で培った「伝える、伝わる」ためのテクニックを教えたり、自分の使い方を学ぶ「アレクサンダーテクニーク」を教えています。