コワーキングスペース『ビィーゴ』利用規約(マルシェスペース)

第1条(目的)

本利用規約は、枚方パートナーシップス株式会社(以下、「当社」といいます)が運営するコワーキングスペース「ビィーゴ」(以下、「当施設」といいます)に関して、本利用規約第4条に定める所定の利用者(以下、「利用者」といいます)との権利義務関係及び遵守事項について定めることを目的とします。当施設のご利用に際しては、本規約を確認の上同意し、ご利用をお願いいたします。

第2条(本規約の定義及び適用範囲)

「本規約」には、本利用規約のほか、これに関連して当社が定める各種規則、及びその他当社より発する各案内や通知に記載する事項も含むものとします。
本規約は、当施設の利用に関し、当社及び利用者に適用されるものとします。

第3条(本規約の追加及び変更)

当社は、利用者の事前の承諾を得ることなく、当社が適当と判断する方法で利用者に事前に通知することにより、本規約を変更することができるものとし、利用者は、本サービスの利用開始と同時に、変更後の本規約に同意したものとみなします。

当社は、利用者に対する本規約の変更の通知その他の連絡を、当施設のウェブサイト上で告知することにより行うものとします。

第4条(利用申込)

当施設の利用を希望する者(以下、「利用希望者」といいます)は、本規約に同意の上、当社所定の方法によりマルシェスペースの利用申込を行うものとします。
内容等によっては、お断りさせていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。当社より受付完了を通知した時点で、利用申込が確定となります。
初回利用申込時は、お申込内容を確認する打ち合わせを実施いたします。当施設までご来場ください。その際、展示物の持参をお願いすることがあります。
飲食物を販売する場合、申込時に営業許可に関する書類のご提出ください。許可がない場合は、販売を固くお断りいたします。
ご利用日の6ヶ月前よりご予約を受け付けます。
当社は、利用を不承認とした場合、当該利用希望者に対し一切責任を負わないものとし、かつ利用を不承認とした理由を当該利用希望者に説明又は開示する義務を負わないものとします。
未成年者が利用者となった場合には、当サービスの利用及び本規約の内容について、法定代理人の同意があったものとみなします。

第5条(利用料等)

利用者が当社に支払う料金は、以下の通りとします。

※会員割引…コワーキング月額会員(プレミアム・スタンダード・マンスリー5、サテライトオフィス)、シェアオフィス会員、オフィス会員は上記利用料金の。会員が主催者本人かつ利用日当日貸出時間中は管理者として施設内に滞在すること。

貸出備品利用料金(税抜表記)
1ブース1台無料 追加 500円/台・回 ※1
椅子1ブース1脚無料 追加 300円/脚・回※2
ゴミ袋(45L)1申込1袋無料 追加 300円/枚
延長コード無料
ピクチャーレール無料
スポットライト無料

※1…6ブース利用時は追加分無料
※2…ワークショップ開催時は3脚まで無料、6ブース利用時は追加分無料

利用料金は、クレジット決済又は銀行振込にて当社より請求後2週間以内にに支払うものとする。ただし申込日からご利用当日まで14日未満の場合は、ご利用前日までにお支払いください。支払いに要する振込手数料等の費用は、利用者が負担するものとします。

物価の変動、当社経費の増加、近隣料金その他の経済情勢の変動により、料金が不相当と認められるときは、これを改定させていただくことがあります。その場合は事前にご案内いたします。
利用者は、申込情報に変更が生じた場合、当社が定める方法により、当社に通知するものとします。

第6条(利用時間について)

営業時間は8時30分〜20時00分(全日)となります。
利用時間は、準備や後片付けを含めたすべての時間を含みます。貸出は、1日単位です。
お申し込み時に利用時間内で展示(販売)開始時間および終了時間をお申し出ください。
物販を行う場合、利用時間内は利用者が必ず常駐してください。展示の場合は、利用者不在のご利用も可能です。事前にお申し出ください。

第7条(キャンセル・返金について)

  1. 予約確定のご案内送付後に、利用料金の支払いの有無に関わらず、お客様のご都合で取消し・期日の変更・延期、時間短縮・部屋縮小の場合は、下記に定めますキャンセルに伴う事務手数料を申し受けます。事務手数料は請求金額(税込)をもとに算出いたします。
  2. 返金について、原則としてクレジットカード決済の場合は、クレジットカード決済の取り消し手続きにて、銀行振込の場合は、利用者が別途指定する銀行口座に振り込む方法により返金口座指定後14営業日以内に返金を行うものとします。
  3. 返金および支払いに要する振込手数料等の費用は、利用者が負担するものとします。
利用日(利用日含む)より起算キャンセルに伴う事務手数料
14日前〜8日前まで利用料金の30% 
7日前〜4日前まで利用料金の50%
3日前〜当日まで利用料金の100%

第8条(注意事項)

当施設は、提供サービス運営上の事由に伴い、休業日の他別途休業日または短縮営業日を設ける場合がございます。その場合は施設内または当社が運営するウェブサイト上で告知を行います。
当施設内外の建造物・設備・什器貸出備品等を毀損、汚損、紛失させて原状復帰に実費及び工数がかかると判断した場合は、全額賠償請求いたします。
催物案内等の広告物、会場誘導看板等を掲示する場合には、許可制となっておりますので事前にご相談ください。設置場所については当社よりご案内します。当施設内に無断で掲示物を設置した場合や、指定した場所以外に設置された場合は直ちに撤去いたします。
施設・設備・備品等への粘着テープ、押しピン、釘打ち等、原状復帰ができないものの使用はお断りしております。
その他ご利用に関してはスタッフと協議、相談の上、その指示に従ってください。

第9条(搬入出について)

搬入出作業は当社指定の場所で行ってください。
荷物などの搬入出は、枚方ビオルネ従業員出入口をご利用ください。
搬入出時には共用部を破損、汚損しないように十分注意してください。破損、汚損した場合には、補修のための費用を負担していただきます。
荷物は、通路の点字ブロックの上や防火シャッターの下には絶対に置かないでください。
事前に事務所にて荷物の受け取りおよび保管は一切行っておりません。
利用日前日の搬入及び利用終了翌日の搬出を行う場合は、事前にお申し出ください。前日搬入時間は20時まで、翌日搬出時間は12時までとなります。

第10条(安全管理)

利用期間中は、ご利用者側の責任の下に防災・防犯等の安全管理を行ってください。
作品展示をする場合、作品の管理については保険加入の判断も含め利用者の責任で対応してください。
防災・防犯上必要と判断した場合には、使用中であっても荷物や機材等の移動をお願いする場合があります。
設備、備品などを破損、汚損した場合、また異常、不具合を発見した場合は、直ちに連絡してください。
飲食物を販売する場合、食中毒を起こさないよう衛生管理に細心の注意を払ってください。販売物は必ず個包装を行い、食品表示シールを添付してください。ご利用当日は、食品表示シールを受付スタッフまでご提示ください。

第11条(キッチン利用について)

当キッチンは食品衛生法の営業許可を得た施設ではありません。調理したものの販売や飲食店としての営業など営業許可を必要とする利用は固くお断りします。
熱機器や刃物等のお取り扱いには十分ご注意ください。また、調理中の事故、怪我、食中毒などのトラブルに関しても当社は一切責任を負いかねますので安全、衛生面にも十分ご配慮ください。
キッチン、調理器具等ご使用後は、原則としてきれいに洗浄、清掃後、 所定の位置に片付けてください。
油を多量に使う場合は、ご使用分の油と油を固める溶剤をご用意ください。
消費電力の大きな調理器具を持ち込まれてお使いになる場合は、事前にご相談ください。
キッチン用洗剤、スポンジ・タワシ等の清掃、洗浄備品、その他の消耗品(ラップ、キッチンペーパー、ホイル、ふきん、調味料等)は、すべて利用者がご用意ください。

第12条(利用終了時について)

利用終了後は利用前の状態まで原状復帰してください。後片付けの確認と備品点検をして退出となります。退出時間になりましたら、すみやかに退出をお願いいたします。
設備、備品などに異常、不具合を発見した場合は、直ちに連絡してください。
梱包材、廃材などのごみ等は、原則お持ち帰りください。当社で処理する場合は、以下の様に3種類に分別して、当社指定のゴミ袋(各種1枚まで無料、以降1枚あたり300円(税込))をご利用いただきますようお願いいたします。レンタルスペース内外にごみを残さないでください。できる限り分別し、分別不明のものは 1 つにまとめておくようお願いいたします。

・普通ゴミ(生ゴミと燃えるゴミと下記以外のゴミ)

・プラスチック(資源)

・缶・瓶・ペットボトル(資源)

残材・ごみ等の処理がなされなかった場合には、その費用は実費(1,000円 税抜)にて請求いたします。
忘れ物があった場合、忘れ物の保管期間は1ヶ月までとします。所有者不明で問い合わせもなく保管期間を過ぎた場合、処分いたします。

第13条(提供サービスの休止等)

当社は、以下の事項に該当する場合、ご利用をご遠慮していただくことがあります。(以下、「休館」といいます)この場合、利用者は当施設の全部又は一部をご利用をできませんのでご了承ください。

(1)当施設で予め定まっている休業日

(2)施設設備の不具合により、十分な提供サービスが行えないと当社が判断した場合

(3)施設が存する建物の定期点検等が行われる場合

(4)施設設備の保守上の工事及び緊急の点検が必要となった場合

(5)施設及び近隣地域にて火災、停電、自然災害が発生したことにより、利用者の安全確保が難しいと判断した場合

(6)その他、提供サービスの運営上、休止する必要があると認めた場合

事前に予定されている休館は、ウェブサイトへの掲載により告知するものとします。但し、休館その他緊急時については、当社は事前の告知を要しないものとします。
休館により当施設をご利用できない場合であっても、利用料金を返還しないものとします。

第14条 (禁止事項)

当施設内及び当施設周辺において、利用者による次の行為を禁止します。

動物を当施設内に持ち込むこと(盲導犬・介助犬を除く)
大声、大音量の音楽、楽器の演奏、振動、臭気の発生等により、他の利用者、第三者、当社に迷惑を及ぼす、またはその恐れがある行為
危険物(火薬類、爆発性物質その他当社が危険と判断したもの)を当施設内に持ち込むこと
当施設の設備、器具及び備品その他当社が管理する物品の損壊や許可なく持ち出すこと
当社が指定した場所以外での喫煙(電子たばこを含みます)すること
営利又は非営利を問わず宗教活動、政治活動、署名活動や、勧誘行為(団体加入の勧誘を含みます)をすること
他の利用者や従業員に対する暴力行為、脅迫行為等
公序良俗に反する行為
当施設の秩序を乱す行為
他の利用者又は当社の秘密情報(当施設外において公開されていない情報)を無断で利用し、又は第三者に開示、漏洩する行為
16歳未満(中学生以下)の方が19時以降、18歳未満(高校生以下)の方が22時以降に、当施設を利用すること
その他関連諸規則に定められている行為
当社が不適切と判断する行為

第15条(利用制限)

当社は、利用者が当施設を利用するにあたって、以下の各号のいずれかに該当する場合には、当社から利用者に対する何らの通知を要することなく、利用申込受付後、または、利用途中においても、次の場合には当社の判断で申込の取り消しや利用停止の処置をとる場合があります。

(1)当施設の利用に関し虚偽の内容で利用者の申込等を行ったとき

(2)公序良俗に反する行為、犯罪的行為その他法令に違反したとき

(3)来場者数が当スペースの許容範囲を超えるなど、他の利用者又は第三者に迷惑、不利益又は損害を与えたとき

(4)当社の許可なく、ご利用のスペース外で、作業や催事行為をした場合

(5)展示および装飾施工時、許可無く室内に釘、鋲、アンカーを打ったり、糊・強粘着テープ等を張った場合

(6)当施設内で調理した飲食物を販売した場合

(7)利用者が当社の許可なく利用権の全部または一部の譲渡あるいは転貸した場合

(8)許認可もしくは資格が必要な内容を伴う利用を、許認可もしくは資格がない状態で行うこと。

(9)当施設及び当社の運営を妨げたり、社会的信頼を毀損したとき

(10)他の利用者又は当社の著作権、肖像権、商標権等の知的財産権を侵害する又はそのおそれがある行為をしたとき

(11)他の利用者又は当社の財産、秘密、プライバシー、信用又は名誉を侵害したとき

(12)利用料金の支払を拒否したとき

(13)本規約のいずれかに違反したとき

(14)その他上記のうちいずれかに準ずる行為で、当社が不適当と判断したとき

利用停止によるサービスの停止で利用者又は第三者が損害を被った場合でも当社は一切の責任を負わないものとします。

第16条(個人情報の取り扱い)

当社によるすべての利用者の個人情報の取扱いについては、別途当社が定めるプライバシーポリシーに基づくものとし、利用者はこのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を取扱うことについて同意するものとします。
当社は、利用者が当社に提供した情報、データ等を、個人を特定できない形での統計的な情報として、当社の裁量で、利用及び公開することができるものとし、利用者はこれに異議を唱えないものとします。

第17条(反社会的勢力の排除)

利用者は、当施設の利用に際して、自身が暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治運動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団、その他反社会的勢力(以下、「暴力団等反社会的勢力」といいます)に所属又は該当せず、かつ、暴力団等反社会的勢力と関与していないことを表明し、将来にわたっても所属若しくは該当、又は関与しないことを確約するものとします。
当社は、利用者が暴力団等反社会的勢力に所属若しくは該当する、又は関与していると判断した場合、事前に通知等を行うことなく、当施設の全て又は一部利用の停止とする場合があります。
当社は本条に基づく利用者の違反による当施設の全て又は一部の利用停止によって生じた損害について一切の責任を負わないものとします。

第18条(損害賠償等)

当スペース内外の建造物、設備、什器、貸出備品等を破損、汚損、紛失させた場合には、その補修ならびに新規購入に必要な経費の全額を利用者に請求します。
当社の責に帰すべき事由により、利用者が損害を被り、その損害の賠償が請求された場合は、受領したご利用料金を限度として賠償するものとします。但し、当社に故意または重過失がある場合には、この限りではありません。
利用者の損害の内、機会損失等による逸失利益についてはその損害に関わる責任を負いません。
その他利用者が、本規約に違反し、これにより当社、他の利用者又は第三者に対して何らかの損害を与えた場合、利用者は、損害を被った者に対して、直接的かつ通常の範囲の損害を賠償する義務を負うものとします。

第19条(免責)

当施設利用中の展示物及び利用者、参加者がお持ち込みになられた物(貴重品を含む)等の盗難、破損事故については、その原因の如何を問わず当社は一切の責任を負いません。

当社は、当施設の運営に関して、故意または重大な過失がない限り、利用者に対して損害賠償を負わないものとします。

自然災害、当社以外の者が原因での火災等、法令及びこれに準ずる規則の改廃・制定、その他当社の合理的支配が及ばない事由等を原因として、当社の営業が停止し利用者に対し提供サービスが行えなくなった場合、これにより利用者に損害が生じたとしても、当社は一切の責任を負わないものとします。

第20条(譲渡等)

利用者は、当社の事前の書面による承諾なく、本規約に基づく利用者の地位及び権利義務の全部又は一部を第三者に譲渡、質入その他の担保設定その他の処分をしてはならないものとします。
当社は、当施設にかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い、本規約に基づく利用者の地位及び権利義務、並びに利用者の登録情報その他の情報等の一部又は全部を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者は、かかる譲渡につき本項において予め同意するものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第21条(その他の事項)

本規約に定めのない事項については、当社と利用者は誠実に協議の上、これを解決するものとします。

第22条(合意管轄)

本規約又は当施設に関して、当社と利用者の間で紛争等が生じた場合には、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

<附則>

2019年6月3日 初版制定
2019年8月9日 第1.1版 第1回改訂
2020年3月29日 第1.2版 第2回改訂
2021年2月12日 第1.3版 第3回改訂