可愛さ、クリスマス感◎「アートキャンドルワークショップ☆マカロンタワー」の様子をレポート!

クリスマスまであと数日となりました!皆さんはいかがお過ごしですか?
街中ではクリスマスソングが流れ、至る所でイルミネーションやクリスマスツリーなどを見かけるようになりましたね!

そんなクリスマスが迫る中、先日、枚方ビオルネ5F コワーキングスペースビィーゴではクリスマスイベントが多数開催されました。

そこでスタッフの私も鍵屋別館2階の雑貨店「みるりぼん」さん主催の『アートキャンドルワークショップ☆マカロンタワー』に参加しました!

「みるりぼん」ブースの様子

アートキャンドル作家のmidori.uedaさんに教えていただきながらキャンドルづくりに挑戦。

今回つくらせていただくのはこちらのキャンドルです!!

ビィーゴマルシェスペースで「キャンドル作り」ワークショップ

当日のマルシェスペースの様子

それでは当日の様子をご紹介します!

マカロンタワーのアートキャンドル

アートキャンドルとは?

生花のような柔らかさを表現することや、リアルな花やスイーツなど、本物と見紛うようなキャンドルを制作することができる物です!
写真のように、本物のマカロンやホイップクリームとそっくりなんです!

それでは、Let’s making!

まずは色選びからスタートです!
ロウに色をつけるために自分の好きな色粉を選びますが、クレヨン等では不純物が多く鮮やかな色がつきにくいため、キャンドル専用の色粉を使います。

色選び中の写真
色選び中…

今回私はピンクと赤の蛍光色の色粉を選び、暖色系で統一感を出すことにしました!

色粉を選び終えたら細かく砕き、無色のロウと混ぜ合わせます。その際、グルグルかき回すのではなく、色粉を潰すように混ぜ合わすことでロウの温度を下げずに作業でき、途中で固まるのを防ぐことができるそうです!

マカロンの型に流し込み固める
マカロン型に流し込み、固まるまで待つ!

マカロンを本体にくっ付ける際にくっつきやすいよう、真ん中を凹ませるのがコツだそうです!

土台となる白色の部分は円錐状になるように巻き付けておきます。その後、ある程度固まったら、カッターでわざと傷をつけていきます。そうすることでマカロンをくっ付ける際にロウが入り込み、よりしっかりくっつくそうです!

マカロンの間を埋めている様子

そしてその土台にマカロンを付けたら、その間を白色のロウで埋めていきます。そうすることで強度が増す他、ホイップクリームのリアル感が増します!
そして最後に大きな星をつけ、紐をカットすれば完成!

完成したマカロンタワーキャンドル
完成!!!

数多くの色粉があるため、季節ごとやイベントごとなどでいろいろアレンジしてみても楽しいかもしれませんね!また、香り付きのロウも販売しているみたいなのでそれを使ってもいいものが作れそうです!

というわけで、「アートキャンドルワークショップ☆マカロンタワー」のレポートは以上です!

コワーキングスペースビィーゴでは、今後も季節に合わせたイベントを沢山開催していきたいと思っていますので、ぜひご参加ください!主催者の方も大募集しております。

この記事を書いた人
わかな
わかな
徳島からやって来た大学2回生です!今年で二十歳になります、、